シリコンバッグによる豊胸手術

シリコンバッグを胸に埋めることにより豊胸する、豊胸手術です。胸の形・大きさは入れるシリコンバッグによります。大きくバストアップするのに最適な豊胸手術です。

クリニックによって呼び名が変わります。シリコンバッグをインプラント、人工乳腺、バッグプロテーゼと呼ぶクリニックもあります。


シリコンバッグによる豊胸手術のメリット・デメリット

 メリット ・大胆なバストアップができる
・10年ぐらい豊胸効果が持続する
・痩せ型で脂肪がなくてもできる
・確実な成果があります
 デメリット ・繊細なバストデザインができない
・胸の左右差を合わせるのが難しい
・乳がん検査を断られることがある

シリコンバッグ豊胸手術は、3つの豊胸手術のうちで一番人気のない手術です。その理由は、従来のシリコンバッグの感触が悪く、自然に見えないことからでした。

しかし、今では最先端のシリコンバッグ「Motiva」があり、その感触は以前のものとは比べられないほど向上しています。

脂肪注入豊胸をしたくても、脂肪があまりなくて、受けられない人がいます。そういう人には、シリコンバッグ豊胸手術をすすめられます。

また、3つの豊胸手術のうちで一番確実に成果を上げることができるのがシリコンバッグ豊胸手術です。


シリコンバッグとは

シリコンバッグは、液状あるいはジェル状のシリコン他内容物を複数の層で包んでいます。その包み方が、どれぐらいの層になっているかで耐久性が分かります。例えば、最高品質の「Motiva」というシリコンバッグは6層になっていてとても耐久性がある、ということになります。

複数の層で包まれた内容物は、生理食塩水・液状シリコン・CMC・ハイドロジェル・コヒーシブシリコンジェルなどがあります。

最近の主流は、凝縮という意味の「コヒーシブシリコンジェル」です。形状記憶のシリコンジェルを使い、破損しても漏れる心配がないためです。

「コヒーシブシリコンジェル」には、最高品質のMotiva(モティバ)、メモリージェル、バイオセルがあります。

シリコンバッグは、内容物の漏れの心配があるため、シリコンバッグにはいろいろな種類があっても、実は選べるものが少ないです。

シリコンバッグを胸に入れると、豊胸効果があります。脂肪注入豊胸手術やヒアルロン酸注入豊胸作業とは異なり、確実なバストアップにつながります。

シリコンバッグという名称はクリニックによって変わります。インプラント、人工乳腺、バッグプロテーゼと呼ぶクリニックもあります。


シリコンバッグ豊胸をしても授乳ができる

シリコンバッグを入れるところは、授乳をするのに大切な乳腺とは隔離された場所です。そのため、授乳するのに影響はありません。


シリコンバッグ(インプラント、人工乳腺、バッグプロテーゼ)の種類

 Motiva(モティバ) ○ヨーロッパCEマーク
 Motiva(モティバ)エルゴノミックス ◎ヨーロッパCEマーク
 生理食塩水バッグ ×
 CMCバッグ ×
 メモリージェル
 バイオセル

シリコンバッグで最高峰の品質のものが「Motiva」です。各シリコンバッグメーカーのトップ技術者たちが集まりドリームチームを結成、総力を結集して作ったものが最高品質「Motiva」です。欧州加盟国での安全基準をクリアしたCEマークがついています。シリコンバッグの中で、「Motiva」が一番感触が良く、耐久性があります。

最新の「Motiva」が「Motivaエルゴノミックス」です。人間に最適化されたという意味のエルゴノミックスがつく通り、立つとアナトミカル(涙型)に、寝るとラウンド(丸型)に変形するハイブリッド(混合型)、バストトップの位置も変わり、自然な胸が再現されます。

「Motiva」は、高さと横幅から数百種類のサイズを選ぶことができるため、「Motiva」ひとつで十分にぴったりのものが見つかります。

シリコンバッグ豊胸手術をしたい人は、バストアップしたい人が多く、150~300ccぐらいの大きさのシリコンバッグを使用します。これぐらいの大きさでカップが2から3アップします。一番多いのは150~225ccぐらいの大きさです。



生理食塩水バッグは、感触が悪く、マッサージが必要なこと、生理食塩水が漏れやすいことから不人気です。

同じく、CMCバッグも内容物のカルボキシメチルセルロースが漏れやすくおすすめできません。

メモリージェルとバイオセルは、Motiva(モティバ)と同じ「コヒーシブシリコンジェル」です。そのため、最高品質のMotiva(モティバ)があるため、特に選ぶ必要がありません。


シリコンバッグによる豊胸の手術

バスト下、乳輪周り、わき下など目立たないところに、3cm程度切ります。その切り口から、大きなシリコンバッグ(インプラント)を入れていきます。大胸筋の下や上にシリコンを置きます。

シリコンバッグは、伸縮するので、ほんの小さい切り口からでも入れることが可能です。ケラーファンネルという器具を使うと、傷口への負担を抑えられ、シリコンバッグをスムーズに入れることができます。

ユーザー目線のある医師は、術中に鏡を見せてくれ、空気バルーンを疑似シリコンバッグに見立て、それでいいか、確認をとってくれます。

施術時間は1時間半ぐらいで終了します。


シリコンバッグによる豊胸手術の費用・相場

 Motiva(モティバ)の費用 700,000円

Motiva(モティバ)の料金・費用は平均で700,000円。


シリコンバッグ豊胸手術の失敗

施術から10年ほどすると、シリコンバッグの周辺にコラーゲンによる被膜拘縮が起こり、胸が硬くなってしまいます。その時は、シリコンバッグを交換する必要があります。


シリコンバッグ豊胸手術の口コミランキング

美容外科クリニック名 湘南美容外科クリニック
クリニックの特徴 ・年5000件の豊胸手術、累計3万件の実績があります
・湘南美容外科クリニック独自の安心保証制度があります
・世界一の脂肪注入豊胸技術を持つシドニー・コールマン氏が指導しました
・全クリニックにエコーを完備、安全性が高くなっています
料金 豊胸インプラントバッグMotiva 470,610円
Motivaエルゴノミックス 639,900円
評判 ranking07-001
場所 新宿本院|銀座院|渋谷院|表参道院|池袋西口院|池袋東口院|品川院|町田院|立川院|上野院|横浜院|湘南藤沢院|川崎院|橋本院|柏院|千葉院|大宮院|名古屋院|静岡院|大阪梅田院|大阪駅前院|(東梅田院 )大阪心斎橋院|あべの院|神戸院|京都院|MAME大阪心斎橋院|広島院|岡山院|福岡院|小倉院|那覇院|札幌院|仙台院
公式サイト 湘南美容外科クリニックの豊胸手術


美容外科クリニック名 共立美容外科
クリニックの特徴 ・全国19院の中にはフランチャイズ店もあります
・豊胸手術、年間症例数不明
・術後1年間の無料検診を実施
料金 モティバ 596,600円
モティバ エルゴノミックス 777,000円
評判 ranking07-002
場所 東京 新宿|銀座|札幌|仙台|宇都宮|大宮|高崎|所沢|千葉|柏|浜松|名古屋|京都|大阪|岡山|高松|福岡|大分|熊本
公式サイト


ハイブリッド豊胸手術

ハイブリッド豊胸手術は、シリコンバッグ豊胸手術と脂肪注入豊胸手術のハイブリッド(混合)豊胸手術です。シリコンバッグ豊胸手術の欠点を補うことができます。

シリコンバッグ豊胸手術だと、痩せ型の人、皮膚が薄い人は乳腺組織が少なめで、シリコンバッグの縁が分かるぐらい不自然になります。

この欠点を補うため、シリコンバッグの縁側に、自分の脂肪を注入し、不自然さをカバーすることができます。

詳しくはハイブリッド豊胸手術のページをご覧ください。/td