プチ豊胸とは

プチ豊胸とは、豊胸手術のプチ整形のこと。大変な手術をしてまで豊胸手術をしたくない人が、もっと軽いノリで受けられる豊胸手術のことです。

大きく分けて3つある豊胸手術の内、ヒアルロン酸注入による豊胸手術をプチ豊胸と呼ぶ美容外科クリニックが多いです。


ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸

ヒアルロン酸を注射で胸に注入することにより豊胸する、豊胸手術の中でも、一番安全で費用も安い手術です。


ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸のメリット・デメリット

 メリット ・費用が安い
・バストデザインの微調整ができる
・傷が少ない
 デメリット ・1年前後で豊胸効果がなくなる
・急激なバストアップには向かない


ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は人体に元からある物質で、人体では、皮膚の真皮にあり、保水能力があります。歳を経るにつれて、ヒアルロン酸がなくなっていくので、ヒアルロン酸配合の化粧品を使うなどして補います。

美容外科クリニックにおいても、ヒアルロン酸はよく使われるもので、ヒアルロン酸注射はアンチエイジングに効果があります。

豊胸では、豊胸用のヒアルロン酸を用います。しかし、アンチエイジングや豊胸に効果があるヒアルロン酸にも欠点があり、それは体内に吸収されてしまうことです。

ヒアルロン酸が体内に吸収されるのは半年ぐらい。吸収されると豊胸効果はなくなっていまいます。


ヒアルロン酸注入による豊胸手術の効果

 ヒアルロン酸両胸100cc注入 0.5カップバストアップ

ヒアルロン酸を両胸100cc(片胸50ccずつのこと)注入すると、0.5カップのバストアップになります。1カップのバストアップには両胸200ccのヒアルロン酸注入が必要です。


ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸の手術

カウンセリングをしてヒアルロン酸注入によるプチ豊胸に決まったら、施術開始。

寝台に仰向けになり、麻酔をかけます。注射針を入れるためにメスを体に入れます。傷が目立たないように脇に入れます。

注射で、カウンセリングで決まった量のヒアルロン酸を注入していきます。ただヒアルロン酸を入れるのではありません。この注入の仕方に医師の技術の差が生まれます。

カウンセリングで決まったバストデザインができれば手術成功。


ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸のもち

ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸はどれぐらいもつのか?
一般的には半年から1年半ぐらいです。

人それぞれヒアルロン酸の吸収具合が違います。すぐに吸収されてしまう人もいれば、吸収されるのに時間がかかる人もいます。

ただ言えるのは、医学的に、半永久的に持続するものではない、ということです。


ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸の失敗

ヒアルロン酸注入による豊胸手術の失敗は、まずヒアルロン酸がすべて吸収されず、被膜が出来てしこりになってしまうことです。万が一しこりが出来た場合、美容外科でしこり除去のために、ヒアルロニダーゼを使ってヒアルロン酸を分解する必要があります。また、残ったヒアルロン酸が乳がんになることはありません。


ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸と乳がん検査

ヒアルロン酸注入豊胸手術では、マンモグラフィー・エコー・CTスキャンのどの乳がん検査を行っても大丈夫ですが、豊胸したことをスタッフに一言伝えておきましょう。


豊胸用ヒアルロン酸の種類

 マクロレーンVRF20(旧マクロレーンファイン) Q-MED社
(スウェーデン)
濃度20mg/ml アメリカFDA認可
 マクロレーンVRF30(旧マクロレーンSUB-Q) Q-MED社
(スウェーデン)
濃度20mg/ml アメリカFDA認可
 HAC-40 ドイツ 濃度40mg/ml ヨーロッパCEマーク

豊胸用ヒアルロン酸注入には、アメリカFDAに認可されたQ-MED社のマクロレーン以上のヒアルロン酸が安全です。Q-MED社のヒアルロン酸は7割という圧倒的なシェアに加え、世界最高峰のアメリカFDAに認可されています。医療事故を避けるために、信頼できるものを使うのも利用者のマナーです。

マクロレーンVRF30(旧マクロレーンSUB-Q)は、繊細な顔にも使われるヒアルロン酸を、豊胸用に粒子を10倍に大きくして、体内への吸収を最大2年に延ばしました。

最新のマクロレーンVRF20(旧マクロレーンファイン)は、マクロレーンVRF30(旧マクロレーンSUB-Q)よりもやわらかい胸にすることができます。

他にも、ハイアコープなどたくさんありますが、品質ややわらかさにおいてマクロレーンよりも劣ります。


ヒアルロン酸注入による豊胸の費用

ヒアルロン酸の使用量とヒアルロン酸の質によります。ヒアルロン酸の質は、胸の感触に影響します。ヒアルロン酸の使用量は、胸の大きさに影響します。

片胸何ccを入れるかで費用は大きく変わります。もし、2カップ以上大きくしたい場合は、他の豊胸手術よりも値段が高くなり、シリコンバッグによる豊胸手術の方が安く仕上がるでしょう。

 マクロレーンVRF20(旧マクロレーンファイン)の料金 1cc 3,000円

マクロレーンVRF20(旧マクロレーンファイン)の平均の相場は1ccあたり3,000円です。1本10ccなので、普通10ccの注入から受け付けています。

 ヒアルロン酸注入豊胸の費用 両胸100cc 300,000円

0.5カップのバストアップに相当する両胸100cc(片胸50ccずつのこと)のヒアルロン酸注入豊胸の費用は300,000円になります。


ヒアルロン酸注入による豊胸の口コミランキング

美容外科クリニック名 湘南美容外科クリニック
クリニックの特徴 ・年5000件の豊胸手術、累計3万件の実績があります
・湘南美容外科クリニック独自の安心保証制度があります
・世界一の脂肪注入豊胸技術を持つシドニー・コールマン氏が指導しました
・全クリニックにエコーを完備、安全性が高くなっています
料金 ヒアルロン酸注入法(VRF)両胸100cc 202,500円
1cc 2,025円 10ccから
ヒアルロン酸の種類 マクロレーンVRF20(旧マクロレーンファイン)
評判 ranking07-001
場所 新宿本院|銀座院|渋谷院|表参道院|池袋西口院|池袋東口院|品川院|町田院|立川院|上野院|横浜院|湘南藤沢院|川崎院|橋本院|柏院|千葉院|大宮院|名古屋院|静岡院|大阪梅田院|大阪駅前院|(東梅田院 )大阪心斎橋院|あべの院|神戸院|京都院|MAME大阪心斎橋院|広島院|岡山院|福岡院|小倉院|那覇院|札幌院|仙台院
公式サイト 湘南美容外科クリニックの豊胸手術


美容外科クリニック名 共立美容外科
クリニックの特徴 ・全国19院の中にはフランチャイズ店もあります
・豊胸手術、年間症例数不明
・術後1年間の無料検診を実施
料金 SUB-Q豊胸(マクロレーン・VRF30)両胸100cc 330,000円
1cc 3,300円
ヒアルロン酸の種類 マクロレーンVRF30(旧マクロレーンSUB-Q)
評判 ranking07-002
場所 東京 新宿|銀座|札幌|仙台|宇都宮|大宮|高崎|所沢|千葉|柏|浜松|名古屋|京都|大阪|岡山|高松|福岡|大分|熊本
公式サイト


美容外科クリニック名 城本クリニック
クリニックの特徴 ・豊胸手術症例数不明
・大阪と全国では価格が異なります
料金 ヒアルロン酸豊胸 両胸100cc 715,000円
1cc 7,150円
ヒアルロン酸の種類 マクロレーンVRF30(旧マクロレーンSUB-Q)
評判 ranking07-003
場所 新宿院|銀座院|立川院|横浜院|大宮院|高崎院|水戸院|柏院|津田沼院|甲府院|長野院|郡山院|名古屋院|豊橋院|岐阜院|四日市院|静岡院|金沢院|富山院|大阪院|京都院|姫路院|岡山院|松山院|福岡院|長崎院
公式サイト